現在ではこのような方たちが健診代行サービスを利用しています

ここ最近、会社の福利厚生を外部に委託、いわゆるアウトソーシング化の流れが進んでいます。経営の効率化を図る上で福利厚生に関する経費削減を目指せるからです。福利厚生の中でも、企業における健康診断の実地は、通常年1回行うように法律で定められている企業の義務となっています。受診することは従業員の義務でもあります。結果の保管義務や受診者への結果通知も含まれます。ある規模以上の事業所になると、労働基準監督署への報告書の提出が必要になります。外せない項目ではあるのですが、自社で行うとなると事前の準備や従業員への受診の喚起、受診後のデータの管理など非常に負担の大きい業務になります。これらの作業を健診の代行を行う業者に依頼することで、担当部署担当者の負担を減り業務が効率化され、コストの削減も狙えます。

いろいろなパターンが考えられる健診代行サービスの受け方

従業員数の多い大規模な企業になると、個々の実情が多岐にわたり健診の受診も難しい従業員も多いでしょう。全国に拠点を持つ企業になると、各地の状況に合わせた受診計画が必要になってきます。こういう自社では対応に手間がかかることであっても、健診の代行業者であれば対応策を立案し実行してくれます。あまり規模の大きくない企業であれば、健康診断に関わる業務を一人しかわかっていないということもあるのではないでしょうか。このような場合でも代行業者に委託することで一元的な管理が可能になり、引き継ぎもスムーズになります。また一人では難しい受診率向上に向けての提案や受診後のフォローなども行ってもらえます。受診後の健康管理は企業側従業員側双方にとって今後のために必要であり重要なことです。

実際導入したらどのような効果があるのか

健康診断に関わる業務を健診の代行サービス業者に依頼することで、受診機関とのスケジュール調整や従業員への通知、関連書類の作成、精算など煩雑な業務から解放され、効率化が進みます。また受診の結果をデータ化してくれるので受診後の従業員の健康管理がやりやすくなります。ネットで受診予約できる環境を整えることも可能なサービスもあるので、受診率の向上に役立てられるでしょう。ただ、代行サービスを導入したからといって、確実に受診率が上がるともいえません。導入することによってサービスを受ける費用がかかるので、結果としてコストの削減にならない可能性もあります。また、個人情報を外部に委託するということも留意すべき点です。これらのことをふまえた上で、自社の健診代行サービスの必要性を考えてみましょう。