健診代行サービスの詳細を紹介します

企業で行われている健診は、社員の病気を早期に発見して、社員が健康に業務に携わる事を目的に行われています。しかし、社員のスケジュール管理や健診の予約・キャンセル・健診病院を決める・精算までを仕事をしながら行うのは大変な事です。そこで健診の代行サービスがあるのです。代行サービスの会社の、メリットとしては社員のスジュールを調整しながら病院の予約や都合が悪くなった時のキャンセルと再予約をしてくれる事、健康診断を受信する病院の手配、全従業員の健康状態の把握(PC入力などでデータ化してくれる)、診察後の精算まで代行してくれます。企業にしてみれば、事務的な業務が減るので本来の仕事に集中できたり、健診用の人員を確保しなくてよいので、負担軽減・人件費削減にもつながると思います。

健診代行サービスのデメリットとは

健診の代行サービスを頼むデメリットとしては、社外の人間が携わるので、社員がちゃんと受診しているのかと言う面で、健診の利用率が上がるわけではないと言う事です。コストの面でも必ず軽減できるのかと言ったら、そうではないかもしれません。コストの面では他にも、代行業者への委託費用がかかります。代行業者によっては初期費用や業務管理費用も別途かかってくるかもしれません。他にも、未受診の社員には受診を催促してくれるサービスもあるようですが、これも別途費用がかかってしまい、費用軽減にはつながらないリスクもあるのです。本当に信頼できる代行業者なのかを見定め、会社にとって何が利益になって、何が不利益になるのか考え、会社のニーズに合った健診代行サービス業者を見極める必要があります。

健診代行サービスを活用するなら

いろいろなメリット・デメリットを上げてきましたが、健診代行サービスを活用するのであれば、会社の現状と委託した後の会社がどう変化していくのかを予想する事です。会社又は事業主には、労働安全衛生法で1年に1回以上の健康診断の実地が義務になっています。会社の大事な資本である社員の健康を守る・労働時間や仕事量が適切なのかを確認するのは会社の年に1度の義務です。病院が嫌いとか、仕事が忙しい等で受信しない社員もいるかもしれません、しかし社員にも健診を受ける義務が法律で決まっています。社員が受診をしないで病気になってしまうと、安全配慮義務違反になってしまう事もあるので大変です。導入する前の会社にはどんなメリットがあったのか、デメリットはなんだったのか、導入後のメリットは何なのか、デメリットは何なのかをしっかり議論したうえで検討すれば良いと思います。