使って便利な健診代行サービスの仕組み

企業において従業員の健康管理は必須となっているなか、健康診断における業務負担を回避するため、健診代行サービスを導入している企業が増えています。健診代行サービスでは、医療機関との交渉から各種書類作成、WEB予約サービス、受診票の発送、精算など一括して委託することができ、大幅な業務効率化が実現します。全国に事業所を持つ企業の場合、医療機関との委託交渉は特に煩雑で時間を要すところですが、代行サービスを利用すれば全ておまかせできます。また健診の結果をデータとして集約できるほか、分析して健康増進施策に役立てることができるのも魅力です。受診忘れの場合のフォローや健康指導なども受けられるため、企業だけでなく受診者にとってもメリットは大きいです。従業員の健康への意識を変える事ができ、受診率の向上にもつなげることができます。

健診代行サービスのメリットとデメリット

企業がコスト削減で最も取り組みやすい部分と言われるのが福利厚生の分野と言われています。従業員の健康診断は欠かせないものの、関連する業務を一括して委託できるのであれば、大きなコスト削減につながります。健診代行サービスは、健診にかかる時間とコストを確実に減らすことができるというのがメリットです。担当者は本来の業務にも集中できます。健診結果についても一括管理が可能になります。一方、健診代行サービスを利用するための費用は避けられません。サービスの導入前には、実際にどれくらいのコストカットが可能なのかじっくり検討しましょう。従業員数によってはメリットが少ない場合もあります。また従業員の大切な情報管理を外部に委託するため、取り扱いには十分気を付け、信頼できるサービスを選びたいところです。

健診代行サービス導入で、イメージアップ

福利厚生として健康診断をきちんと行っている会社は、従業員の健康を大切に考えてくれる会社です。健診代行サービスを導入するにあたり、委託費用については発生を免れる事が出来ませんが、健康への意識向上が期待できるうえ、受診率も高める事が出来ます。大企業では導入しやすいシステムですが、中小企業においても「将来的に収益を高める取組」として経済産業省が呼びかけを行っています。健康意識を高めることは職場の活気につながり、対外的にもイメージアップの効果抜群です。よいイメージがあれば、結果よい人材を確保できるといったメリットにつなげる事ができます。中小企業ではまだ2割程度の導入ではありますが、これからの動きに注目です。健診代行サービスにはいろいろな種類があり、自社に合ったサービスを利用しましょう。